2009-09-04

翻訳が終わったぁ〜♪むふふっ♪



とうとう、月曜日に頼まれたフランス語の台本6ページの翻訳が終わりました!!うーん、自分で思ったより早くできて、わたし〜!!よくやったぁ〜!!と、自画自賛(笑)まるで、本当のナナ(エミール・ゾラ著書の「ナナ」に出てくる役名)になったようだわ〜♪ふんふん♪

まずは時代背景や登場人物を調べつつ、わからない表現は夫に聞きつつ、自分で大まかに全体を3日間で訳し、残り2日間は、実際にちゃんと文章が訳せているか、話しをつなげるために「それにしても」「しかし」などなど小さな言葉をいれたり、話しが読みやすいように行の順番を少し変えたり、語尾をキャタクター風にしたり。。。いやー、勉強になりました♪

そして最終日に、語学大学にも通っていたお友達たっちゃんに確認修正をお願い。お代はスタバのコーヒー1杯。ありがたやぁ〜♪自分かなりいけてるかも!と思ってたにもかかわらず、そんな思いは早々とどこか沈んでいきました。。。たはは。フ、フランス語の表現って、難しく奥が深いっす。。。特に「Et vous, vous n’êtes qu’un vieux mille pattes, un rat d’égout, un têtard mal dégrossi, une carpe molle. 」この悪口を言う表現なのですが、直訳でいくと「あなたなんて、古いむかで汚いねずみ、がさつなオタマジャクシでだらけた鯉なのよ」。。。ええ、変なのはよーくわかってます。それでも、ねずみとむかでは悪くない表現を見つけられたのですが、なんだよ、がさつなオタマジャクシって!だらけた鯉ってなんじゃい!と、だいぶん頭を悩ましました。そう、フランスにはこういった表現がいーっぱいあるのです。たっちゃんも色々とアイデアを出し、なんとか聞こえの良い表現になったと思います。え?どう訳したか知りたい?まぁ皆さんも想像して楽しんでください。おほほ。たっちゃんには、たくさんのアドバイスと修正をして頂きました。いやぁ〜、たっちゃん本当にありがとう〜♪

昔は翻訳と聞くだけで頭を抱えてしまうほど、フランス語を読むのが嫌いだったのに、今回はそれがなかったのに自分自身驚きました。どちらかと言うと、自分なりの言葉や表現を見つけるのが楽しい感じでした。まぁ、自分が関わってる仕事だからかもしれないけど、私のフランス語レベルが一歩前進したのを感じて、とりあえず自己満足(笑)

来週からはバカンスで夫の母の家に出発♪思う存分楽しんでくるつもりです♪


あ、一応観光客が増えて欲しいので、またまたお城の宣伝です。


Chateau Auver (シャトー・オベール)
日本語の案内書やイヤホンガイドもあるらしいです。詳しい情報はhttp://www.chateau-auvers.fr/に載ってます。ぜひ、フランスに来る方々は見てみてください。色々なツアーがあります。赤丸が日本語のガイドです♪

2 コメント:

shiorin さんのコメント...

翻訳おつかれさま!!
翻訳やるなんて、ますますフランス語すごくなったんだね~☆
バカンス楽しんできてね(^^♪

花*華 さんのコメント...

shiorinさんへ:
むふふ。そう思う?でも、実のところまだまだざんす(涙)バカンス楽しんでくるだすよ〜♪ありがとう〜♪