2011-09-21

ベネチア旅行 3日目

今日は朝から、ベネチア老舗のコーヒーショップCafé Costarica。とりあえず立ち飲み一杯♪お店のおっちゃんが、とっても気さくでいい人でした。コーヒーも美味かったぁ〜。ここのコーヒーをお土産に1つ購入♪




朝の町は、カモメがわんさか飛んでいたので、一匹休憩中のをパシャリ。め、目が鋭いっす。




 この日ヴァポレット(水上バス)に乗って向かったのは、ベネチアから北にあるムラーノ島。島へ行く用の船は、乗車人数が違うのか、少し小さめの船でした。私は風景を堪能したかったので、がんばって海側をキープ。




そのときに撮影した、海の道です。この間も話しましたが、とても不思議でちょっぴり神秘的な光景です。夜にも通ってみたかったけれど、残念ながらその時間は今回ありませんでした。次回来る事があったら、夜の海の道も渡ってみたいなぁ。。。





video
海の道を渡り終えると、そこはムラーノ島。 またベネチアの町とは違った風景が見られます。えーと、ガイドによると、、、「15〜16世紀には、ベネチアの貴族やお金持ちが都会の忙しさから逃れて静かに時を過ごした場所。13世紀からこの島に閉じ込められた職人たちによって作られたガラスは、ヨーロッパの人々の憧れの品であり、ベネチアの東方貿易の貴重な輸出品となり、ベネチア共和国に莫大な富をもたらした」(地球の歩き方より)と書いてあります。





 まず最初に向かったのはガラス博物館”ムゼオ・デル・ベトロ”。ここには古代ガラス〜現代ガラスの作品が並べられています。





中にはガラスで作られた庭の模型とかもあって、繊細で綺麗な物もあって結構楽しめました。これはガラス博物館の中庭の写真。中は撮影禁止だったので、なんとなく思い出を撮ろうとパチリ(笑)。あはっ、私も日本人だわ。。。





 博物館で頭を使った後は体が糖分を欲しがったのか、アイスクリーム屋へ。とりあえずレモン味のアイスを食べながら、島を歩く。





この島の時計台の前で撮った写真、、、暑さのせいか、もの凄い勢いでアイスが溶けるので、撮るのに苦労した写真(笑)。いや、溶け方が半端じゃなかった。。。5秒口から離そうものならダラーッと流れてくるんです。この日暑かったもんなぁ。





 これはその横にあった教会。この間も教会が丸かったけど、丸には何か意味があるのかしら???




中はこんな感じでとってもシンプル。と、思いきや、、、




床がとってもきれいでした。これもやっぱり円形なのには、色々と意味があるのかしら??とにかく暑い日は、涼しい教会についつい逃げ込みたくなります。とても神聖な空気が、更に涼しく感じさせてくれるような、、、(汗)





 気がつくと昼食の時間だったので、この島の人達も良く行く、地元でも美味しいレストランAi Bisateiへ。今回食がメインの私にとって、食事の時間はドキドキのワクワクです!






レストランに入ると、地元のイタリア人で満杯。あちらこちらでイタリア語が飛び交う中、早速注文。私はパスタと「バカラ・アラ・ベネチア」を頼み、ジュリアン(夫)は前菜と焼き魚。この前菜のイワシのマリネが、もの凄く美味しかった。。。しまった!私も頼めば良かった、、、と後悔したほど。でも私の頼んだボンゴレ・スパゲティーも程よく美味しく◎。




 こ、これがベネチア料理という事で私が挑戦した「Baccalà alla Vicentina」(干だらベネチア風)。ぐはっ、、、私的には微妙。酒とパンと一緒にならいけるけど、これだけ食べようものなら、油っぽすぎて、、、たくさんは食べれませんでした。。。しまった!焼き魚があたりだったか。。。




 しかし最後のデザート「BISCOTTI VENEZIANI E VIN SANTO」(ベネチアのビスケットとワイン)が、べらぼうに美味しかった〜♪こうやって甘いビスケットを白ワインに付けて食べます。町で普通にグラムで売っていたので、しっかりお土産に買って帰ってきた一品。普段甘過ぎるものが苦手な私でも、癖になってしまいそうでした。





食後はヴァポレット(水上バス)に乗って、ベネチアの町の公園へ。そうそうベネチアで意外と驚いた事と言えば、公園が思ったより少なくて緑も少なかった事。と言っても、私が最初に持っていたイメージが、大袈裟すぎただけかもしれませんが。。。とりあえず、ここで休憩して、足を休めました。





そしててててて!!!待ちに待ったゴンドラを乗に日がやってきましたああああ!!!ま、やっぱりベネチアと言えばゴンドラ!これを制しなければ、ここに来た意味なし!!と、言う事でジュリアン(夫)にわがままを言って、乗せてもらいました。すまんのう、、、でも女子の夢じゃけん。。。

そう45分で80〜100ユーロ。カンツォーネ(歌)付きだと、もっと高かったらしい。私達は一番安いコースで!!とお願いしました(笑)。

ところで上の写真を見ると、ゴンドラの上に歌手とアコーディオン弾きが?!そう、私は勝手に船乗りが歌うもんだと思い込んでいたのですが、ちゃんとプロの方が歌ってくれるんですね。この日は暑かったので、歌手の方も汗を拭き拭き歌っていました。





video
ゴンドラに乗ったときの映像です。これは2分ほどと長いので、時間のある方はどうぞ♪少しだけ、カンツォーネを歌っているゴンドラも映ってます♪





 ちょうど日が落ちていく時間帯だったので、素敵な風景が見れたかなと思います。ロマンチックには、ほど遠い二人なので、色々と”突っ込み”をしているうちに終わってしまった45分間でした(笑)




 夕食はTrattoria Bar Pontini。ジュリアン(夫)のガイドブックに載っていたレストラン。そんなに高くなく、美味しいという事で挑戦。最終夜という事もあり、30分ほど待って川沿いの席へ。いやはや、前菜から何から美味い♪写真はないのですが、当たりのレストランでした。

しかしここで今度はジュリアン(夫)が「Baccalà alla Vicentina」(干だらベネチア風)を注文してしまう事に。。。実は前のレストランのメニューはフランス語、今回はイタリア語のメニューだったために、こんな間違いが。。。ジュリアン(夫)落ち込む(涙)。。。これはこれで、良い思い出だとコーヒーで口直し。楽しい夜を過ごしました。





 次が最後の1日だと思うと、少し寂しい気がしましたが、足は結構歩きすぎで限界(汗)。4日間、、、私にはちょうど良い具合だったかも。あはは。

0 コメント: