2009-08-30

パリがが怖いと感じた日。。。

昨日のお昼頃、夫のジュリアンが若い男に殴られました。本当に一瞬の出来事。


私達は、次の日のパーティーに備えて買い出しをしようとBelleville駅に向かっていました。電車の乗り換えをしようとNation駅で降りた時、、、いつものように乗客達は、電車から降りる人を待たず、バシバシ乗ってきます。私達は、そこをかき分けるように降りました。しかし、その時、、、

「今、俺の肩を押しただろう!何で押すんだ!」

と、声が聞こえ振り返るとアラビア系の若い男性。その人は、わざわざ電車を降りて、私達の方に近づいてきます。嫌な予感がする私。。。ジュリアンは

「押してなんかないよ!でも、降りる人を優先に降ろしてから電車に乗らないと、肩がぶつかってしまうのは、当たり前だろう。」

若い男「いや、お前は押した!俺の肩を押した!」

ジュリアン「もしかしたら押してしまったかもしれないけれど、、、降りる人を待ってから、電車に乗らないのも、、、」

若い男「だまれ!!お前は正しくない!!」

この辺から、この男は同じ言葉を繰り返すようになり、危険を感じた私は「もうわかったから行こう」とジュリアンに声をかけ、出発し、少し歩いた時、、、

若い男「何でそんなこと言うんだ」

とまた声をかけたられ、ジュリアンは説明しにいく。また嫌な予感。。。

ジュリアン「だから、電車に乗るときは、、、」と男の方に近づいていってしまいました。私は危険を感じ、夫と男の間に入って、

私「夫の言ってる事は、正しいと思う。でも、私達がぶつかってしまった事は、悪かったと思う。ごめんなさい」と、言った瞬間の出来事でした。

私の頭の上に風を感じたと思ったらバキャっ!!ジュリアンは、あまりの衝撃に床に膝をついて、大量の血が!!男は、急ぐ様子もなく早歩きで階段を上っていく。私は思わず、
「ふざけるな〜!!」と叫んでいました。足が思わず追いかけそうになったけど、口の上がパックリ切れて穴が空いている夫の顔を見たら、現実に引き戻され、とにかく血を止めなければ、どうにかしなければ、、、と、頭が切り替わってくれました。今思えば、あの時追いかけていけば良かったという後悔と、やっぱり行かなくて良かったのかもしれないという現実的な思いがぶつかってます。

その後は、近くの人が警察と警備の人を呼んでくれ、血が出ているものの足と頭がしっかりしていた夫は、私と一緒に警備室へ。救急車到着後、病院に出発前に軽い状況説明。この時、私自身がホッとしたのか、気分が悪くなり駅の外へ。駅員さんも心配して声をかけてくれ、こんな時、人の優しさは心に響くものだなぁと思いました。

夫のけがは、有り難い事に7針前後の口に空いてしまった穴と、口の下の内側にできた青痰だけでした。もう少し上だったり、逆に下だったりしたら、一生ものの怪我になってたのかもしれないと思うとゾッとします。しかも、相手は一発なぐっただけで逃げてしまったので、何度も殴られることもなく、ナイフなどの凶器も持っていなかったので、ある意味ラッキー。


今思えば、男は喧嘩するのが目的で声をかけてきたのだと思います。残念ながら、うちの旦那は強そうに見えないし、なのに変に正義感が強くて頑固なところが、、、格好の餌食になってしまいました。うーん、、、くやしいです。一応、訴えると言う事になりましたが、パリでは毎日のように起こるこういう事件。犯人が見つかるかどうか。。。不思議な事に、二人とも犯人に対して憎しみはなく、どちらかというと落胆や悲しみって感じ。


いままでパリに来て、大きな事件に巻き込まれた事がなかったので、淡々と生活していたけど、改めてパリは怖いところだと感じました。とくに色々な人種が混ざっているので、トラブルも日常茶飯事。そんな事、すっかり忘れてました。私にとっても、ジュリアンにとっても、良い薬になったのかもしれません。

8 コメント:

めぐみ さんのコメント...

ジュリアン大丈夫!?
怖いねぇ・・・
ジュリアンは優しそうだから。

その程度って言うには大怪我だけど、とにかく大事にならなくて良かったよ。

いつ何処で何が起こるか解らないから怖いよね。

お大事にね!

yuko さんのコメント...

怖いですね、、。

私もパリなんて安全なところだと思ってましたが友達もそういった類の事件にあい、数年経った今だに頭痛やめまいに悩まされています。

本当にいい子なので考えるたびに頭にきます。

後遺症がないようなので不幸中の幸いなのかもしれませんね。

気をつけてください!!

る さんのコメント...

はなこちゃーん、大変だったね…
さぞや怖かったでしょう。
でも命に別状がなくてよかったね、ホント。

私達も、スリにあったり、スリから財布を奪い返したり、かなり危ない目にもあってきたよ。思い出すだけで、ヒヤッとする(笑)。

用心するに越したことはないから、気をつけてね!
変な人には、近づいちゃだめだよ~

由香 さんのコメント...

災難だったね。でもそれ以上の怪我にならずに良かった。私も痴漢に抱きつかれた時、もしあれが通り魔だったら刺されていたと思ったらゾッとしたよ。

都会には色んな人がいるもんね。いい人に出会うこともあれば、イライラが募っている人もいるし。

お大事にね。

なな さんのコメント...

ええー!!い、いたそう…。
ご主人さんのお怪我が早く治るよういのります…。
気を引き締めて生活します><

花*華 さんのコメント...

めぐみさんへ:
ありがとう。本当に、大事にならなくて良かったって、安心してます。でも意外と本人は、こっちの心配をよそに、あっけらかんとしているみたい。

今まで、安心しきってた部分があったから、これからは一応気を引き締めて、街に出て行くつもりです。


yukoさんへ:
ありがとう。こういった事件って、遭ってる人は、遭ってるんだよねぇ。。。ゾッとしちゃう。

私もまだ、メトロに乗るときは、自分に「えいやっ!」って気合い入れて、乗ってるよ。まぁ、すぐ慣れると思うけど(笑)

昔、原付バイクで、事故起こした時も似たような感じだったなぁ。ま、大丈夫だぁ〜。でも、今までよりもしっかり気をつけて、ちゃんと人を見ようと思います。


るさんへ:
ありがとう。本当に口がパッカリ切れてたから、びっくりしたけど、とりあえず医者に縫ってもらって、本人は結構平気みたいです。でも、実は救急の医者の対応のが腹立ったんだよう〜!!2時間もランチを理由に、ジュリアンの口の傷が開いた状態で放置。。。ゆ、ゆるせなかった。。。(涙)

今は、元気で復活に向かってるから、大丈夫だす。本当に良かった。。。

ひゃ〜!!それにしても、スリから財布を取り戻すなんて、やっぱり二人はすごいなぁ。


由香さんへ:ありがとう。うんうん、そうだね。人が多くて、しかも人種のるつぼだもんね。日常茶飯事に、こんな事件が毎日起こってると思うと、なんかゾッとするし、やっぱ悲しいよね。まぁ、動物的と言えば、そうなのかもしれないけど。。。

うおーーー!!負けんぞう〜!!


ななさんへ:
ありがとうござります。日本の治安はどうかいな?東京も色々な事件がありそうだけど、お互い気合い入れて、気をつけませう。はぁ〜!!気合いじゃ〜!!

ayuko さんのコメント...

ひどいねーーー!!!!!考えただけでぞっとするやら、悔しいやら!ジュリアンにもお大事にって伝えておいてください。そういえばコラもやっぱり殴られたよ、2、3ヶ月前に。ひどい走行していたバイクの運転手注意して。耳がはれた程度だったらしいけど。そういうときって相方のやれることって何だろうって思っちゃうよね。

花*華 さんのコメント...

ayukoさんへ:
そうそう。うー!!変わってあげたいって、思っちゃうよね。うーん、やっぱり手が早いのは、考えものだよねぇ。しかも弱い物狙ってる感じが、情けないっちゅうか、なんと言うか。しかも相手は逃げたしね。正しいと思ってるなら、殴らないと思うんだけどなぁ。って、理想主義な意見かしら(涙)